レポート

2009年10月19日 (月)

やられてしまいました、、(台風18号復旧作業)

10月12日(月) 快晴

稲刈りを終え、新米までの残り作業を楽しみにしておりましたが、台風がやってまいりました、、。

台風18号・・ご存じのとうりの大型台風でした。

残念ながら、わたしたち喜楽人米も被災してしまいました、、。

はせが強風により倒されてしまったとの連絡。

とはいっても早く直せばお米の品質には影響はないということでひと安心。。

さっそく台風一過の好天の中、復旧作業にいってまいりました。

(参加者:かんこ姉妹、こんちゃん、わたしと猫2匹)

こちらはもち米・・

Pic_2618

約半分の被災。

アイガモ米は・・

Pic_2622

約3分の1の被災でした。

数日前に一生懸命作業したことを考えるとショックです。

しかし、聞くところによると、全て倒された農家さんもいらっしゃるということで、

当たり前に食卓に並ぶお米がいっそう愛おしく感じます。

復旧作業開始!

まずはアイガモ米から・・

↓はせ棒が折れていました。

Pic_2627

アイガモ米復旧作業終了!

Pic_2629

もち米は棒の組み直しから・・

Pic_2621

子どもたちも大分なれてきたようです・・

もち米の復旧も無事完了しました。

Pic_2631

はせ棒の組み直しを小田さん、菅原さんに作業していただきました。

本当にありがとうございました。

手をかけるごとにありがたみを感じるわけですが、この後は順調に進みますように!

レポートはto_chanでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)

もち米を守れ!(キラキラテープ張り)

8月23日:晴れ

参加者:かんこちゃん、とーちゃん、しん、かなこ

前回もち米がすずめに狙われているということで、対策を講じてまいりました。

周りの田んぼより、もち米の生育が早いことから集中的に狙われているようです。

作業を始めようとしたその時・・

20羽位のすずめが食べようとしてるではないですかっ!

「かなこが大好きなおもちを、、」

さっそく購入した、すずめ防御キラキラテープで取り囲みます。

Pic_2435

今のところしっかり効果を発揮しているとのことで一安心。

手をかけるからこそ収穫の楽しみが膨らむんですね。

刈り取りまでもう少し。

それまで頑張れ~!

Pic_2436_0001

【告知】

9月26日、27日にもち米の刈り取りをします。

26日の作業終了後、『カモを食す晩餐会』を開催いたします。

参加希望やお問い合わせは、コメントをいただくか、iwatekirabito@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

以上、とーちゃんのレポートでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

カモさん ありがとう。

8月20日(木)

参加者:ミキティ とーちゃん かなこ

今日はカモさんとのお別れの日です。

わたしは昨年、葛巻町の「森と風のがっこう」にてニワトリを絞める場を体験していますが、他2名が心配でした。

まずはカモさんを・・

Pic_2336

そして・・

Pic_2348

合掌。

Pic_2351

綺麗なむね肉。

Pic_2345

Pic_2342

おいしそうになりました。

Pic_2357

むね肉ともも肉でソーセージを作る予定でしたが、

約30羽で約10kgと最低数量に至らなかったため断念、、。

しかしとても良い経験ができました。

初体験の2名も大丈夫でした。

野菜をもいだら「痛い!」と聞こえてきそうです。

「いただきます」・・心を込めて言いたいですね。

その後、悪天候で気になるお米を確認。

アイガモ米・・

Pic_2358

まずまずでしょうか。。

もち米・・

Pic_2364

こちらは低温の影響でしょうか、、?

籾が白く、お米が入っていないところがちらほらと、、。

さらには、なんとかお米になったところを、すずめが狙っている。。

後日防御策(キラキラテープ張り)を講じることにしました。

それまでがんばれ!

様々な生き物の循環を感じた一日でした。

以上 とーちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

【合鴨農法2009】カモの引き上げ&ネットの撤去

7月18日(土) 20日(月)

さて、カモさんのおかげでお米が順調に育っています。

稲がカモさんの助けがなくても育っていける状態になりました。

同時に、カモも大きくなりプールが出来てしまうたんぼも・・・

Pic_2013_8    

外敵から身を守るためなのでしょうか?それとも単なる遊び場なのでしょうか?

ということで、カモさんを田んぼから引き上げます。

引き上げたカモは新居へと移動。

Pic_2007_2

今後のカモのことを思うと少し切ない感もありますが、それが命の循環です。

その後、カモを外敵から守っていたネットの撤去です。

Pic_2012

田んぼの中にはカモのおかげで雑草はありませんが、ネットの外側には雑草が張り付いています。それを丁寧に除去します。

少年の杭抜きも徐々に慣れてきましたよ。

グルグルグルッ、スポッ。

ネットを運搬する軽トラックの上・・風がとても気持ちよかったぁ。

Pic_2017

手をかける度に収穫が楽しみになっていきます。

それでは~!

Pic_2005_3

以上 とーちゃんのレポートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

お米食べ比べ会  atこびる食堂

参加者:りさち、とーちゃん、みすださん、たかちゃん、ともえさん、しょうじさん、maaco

お待たせいたしました~

先月25日に行われたお米の食べ比べ会のレポートです。

会場は市内三ッ割にある「小さな野菜畑」内のこびる食堂で行いました。

ここでは、無農薬野菜や自然卵などこだわりの物が沢山ありました。

後から、お米の食べ比べの際に味わう事になる見たことがないほどの大粒の

納豆や、梅干しなど、ご飯に合うものの宝庫です 

また、食堂のほうでは通常古代米のおにぎりや短角牛を使ったカレーや牛丼

が食べれます。まだ行かれていない方は是非行ってみてください 

この日はそこをやってらっしゃる小島さんも参加頂き、楽しい解説つきで会が

進んでいきました。

この日持ち寄られたお米は、宮城産ひとめぼれ、岩手産ひとめぼれ、山形産

はなの舞、山形産さわのはな、熊本産旭一号、ささにしき、岩手産(胆沢)の

特別栽培米でした。

炊飯器、水の量が一定ではなかった為若干の炊きあがりの差はあったかと

思いますが、それぞれの感想はザッと以下の通りでした。

①宮城ひとめぼれ ・・・・ 先に甘さが口に広がる。

②岩手ひとめぼれ ・・・・ 噛む度に甘さが広がり、モチモチ感がある。

③さわのはな ・・・・ 香りがよい。みずみずしい。お餅を食べた後味に似てる。

④はなの舞 ・・・・ 軽い。一粒づつがしっかりしてる。おにぎりに合いそう!

⑤旭一号 ・・・・ 甘い。噛む度毎に味が変化し面白い。初めて食べる味。

⑥ささにしき ・・・・ 味は淡白。 

⑦特別栽培米 ・・・・ 味がしっかりしている。食べ慣れた味!?

中でも④のはなの舞は酒米で、小島さんが羽釜で炊いてくださったこともあり

より一層おいしく感じました。

Cimg4179

 また、⑤の旭一号は日本で一番おいしいお米が

とれる!?という菊池市の元田さんが作られたもので、たい肥も使わない自然

栽培で作ったお米で1kgあたり¥1,000はするという代物でした。 初めてた

べるその味は、予想以上に口の中で変化し、私の中ではこの日一番美味しか

ったお米でした。(金額にやられたわけじゃありません

また、ささにしきは小島さんの解説によると、和のおかずと一緒に食べる時に

口の中で混ぜながら食べる(これを口中調味というらしいです)

が非常にお米の特性を活かした美味しい食べ方ということです。

Img_0062_2

とにかくこの日はいっぱい食べた そして美味しかった!

一人結局ごはん5~6膳分は食べたと

思います。次の日の昼まで私は何にも食べられませんでした。。。

みすださんが用意してくださったチーズリゾットの材料はそのままみすださん

が持ち帰られたので、リゾットレポート是非お願いします

最後に、皆さんの自己紹介を再度聞きながら、木村あきのりさん(青森県弘前市)

のリンゴジュースを頂きこの会はお開きとなりました

Cimg4195

初めて食べるお米、初めて知るお話でこの日ももちろん素敵な夕べとなりました。

小島さん、本当に遅くまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

準備をしてくださった参加者のみなさんもお疲れ様でした。

初レポート終了です 

by maaco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

【合鴨農法2009】田植え

5月24日(日) 天気:くもりのち雨

参加者:〈リーダー〉とーちゃん

しんくん りさち misudaさん かげちゃん さつきさん ミキティ がちこ たかちゃん(初) ともえちゃん(初) 藤原くん(午後より) のりこ

今回の作業は、もち米とうるち米の田植えです

田植えといえば欠かせないのが、田植え専用長靴

特にもち米のほうは手植え作業で行うため、普通の長靴ではつらすぎることが必至なため

長靴を買うグループは東和町へ向かう途中で購入しました

小田さん宅へ到着後、作業準備を行い早速もち米の田植え開始です

Photo_2 

小田さんが苗の植え付けラインをこのようなもので(すみません、名前わかりません)印していきます。

Photo_3

こちら↑がもち米の苗。うるち米と区別がつかない見た目です(農家さん曰く、稲になっても見た目ではわからないとか・・・)

育苗用のケースからごそっと苗を取り出し、2~3本分に離して植えていきます。

Photo_4

1人3列分、植えていきました。それぞれがやりやすい方向を向いて植えていくのもなかなかオツな姿ですね

Photo_5

しんくんは、田植えメンバーへの苗渡し人あっちこっちへと大忙し

みんな慣れない作業なため、田植えスピードは人それぞれ。とはいえ、初参加のたかちゃんはお世話人の農家・菅原さんに「上手だ」と褒められてました

半分以上植えたところで、お腹もそろそろすく頃。みんなで手分けしながらお昼の準備をし、いっただきま~す

Photo_6

ランチのメニューは、お蕎麦、天ぷら(材料は各々持ち寄り)、玄米おにぎり、わらび(菅原さんの差し入れ) です

作業の後のごはんは格別少々時間がかかりましたが、みんなでおいしくいただきました

休憩後、午前中の続きを行い、うるち米の田植えをしました。

Photo_7

うるち米のほうは機械植えです。

時間の関係で機械操作はすべて小田さんが行ってくれました。

Photo_9

4月に種まきをしてから、1か月半で立派な苗に成長しましたね

手植えとは違い、機械の田植えはあっと言う間に完了さすが~~。

とはいえ、田んぼの隅々まで機械で植えることは不可能なため、そこはみんなの手で植えます。

Photo_8 

1反7畝の田んぼに無事、田植えが完了

もち米もうるち米もすくすく育つことを祈りながらみんなで記念撮影

後日、うるち米の田んぼのほうには昨年同様、合鴨が離されます。

もち米は無農薬で合鴨は使用しないので、成長過程で草取り等を行う予定となります。

これがなかなかの重労働になるんですが・・・がんばりましょう!!

個人的な感想として、3.9畝の田んぼでも手植え作業はなかなか大変だなと実感しました。大人10人でやっても半日以上かかりますからねぇ機械がなかった時代の人たちは本当にすごいですね。

今、渋谷のギャルたちが秋田の田んぼで作業をしている様子が伝えられてますが、お米づくりを知らない若い人たちが積極的に行うことっていいことだなぁと純粋に思います。ブームだけにならないように、私たちもおいしいお米を作るために地道に楽しく活動したいものですね。

レポート のりこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

第4回 喜楽人寄り合いレポ

4月26日(日) 

今回の寄り合いはお花見も兼ねました♪

参加者:misudaさん こんちゃん かんこ ミキティ とーちゃん一家

ちょっとお天道様のいたずらがありましたが、それでも・・

A8bad684_2

ピチピチ チャプチャプ ランランラン♪

子どもたちは元気です!

大人も負けじと、大船渡から駆け付けた こんちゃん お疲れ様。

満開を過ぎた桜が、あと残りわずかを一生懸命咲いているように感じました。

残念ながら屋内での開催となりましたが、、

「やっぱり桜の近くで、自然も堪能したい!」という喜楽人魂

ということで、趣のあるたたずまい「高松亭」さんにて行いました。

Mk_map

ここはお花見シーズンだけ営業しているそうで、昔は合宿所として、たくさんの学生が訪れていたそうです。

お勧めの一品がこちら↓

Photo

木の実田楽・・・香りが良い! おいしかった!

もちろんお酒も

そして語らい。

・過去から現在、そしてこれからの喜楽人活動についてのみんなの想い

・各人それぞれのお仕事についての想い

・これから社会人として旅立とうとしている若物の想い

とても楽しく、有意義な寄り合い&お花見となりました。

P1030487_4

全員参加とは至りませんでしたが、昨年から始まった喜楽人が、今こうしていろんな形で拡がったことをうれしく感じ、

年齢や職業も様々ですが、志が同じということの素晴らしさを感じさせられました。

みなさん、ありがとう

~今月の活動について~

●お米づくり・・17日:田植(餅米)、23~24日:田植(アイガモ米)、30日:鴨放し&糸張り

●寄り合い・・26日予定

テーマ:世界の食を語る

内容:世界一周をしてきた渡邉昌也さんを迎えて、世界の食についてみんなで語ります。また、自然農法で有名な木村さんのリンゴジュースを味わう会も同時開催!

今、りんごの花が綺麗に咲いています。

D0087418_1012079

木村さんの本「奇跡のリンゴ」を思い出し「一度はリンゴの木の下でお花見をしてみたい!」とーちゃんがレポートいたしましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

第3回 喜楽人会合レポ

白鳥が旅立っていく空を眺めながら、春を感じるこの頃です。

Haku5

私の実家の小麦畑は餌付け自粛の影響でしょうか、、少し白鳥さんによる被害があったようですが元気に旅立っていく姿は美しいものですね。

さて本題ですが、今年から始まった喜楽人会合(今後「喜楽人寄り合い」と改名)第3回のレポートです。

【日時】

3/12(木) 19:30~

【場所】

盛岡市本町通 焼き鳥秀吉 本町本陣にて

【参加者】

三須田さん、りさち、ゆきちゃん、山田くん、かんこ、リーシャ、ひろかずさん、とーちゃん。(席順にて紹介)

そして今回初参加が3名いらっしゃいました。ようこそ喜楽人へ!

みきさん、がちこさん、マーライオンさんです。これからもよろしくです。

【お話の内容】

①喜楽人名刺について

 前回会合にて「喜楽人名刺を作ろう!」ということで、5つのデザインから投票により決定いたしました。これからも楽しい出会いに一役買ってくれそうです。

②メーリングリストについて

 これからの喜楽人活動や、岩手の自然や環境活動のイベントを、検討の結果Yahooグループにて配信していきます。

まだ参加されていない方は iwatekirabito@yahoo.co.jp までご連絡ください。

(上記名刺のデザインもYahooグループ-ブリーフケース内に後ほどアップいたします。)

③ワカサギ釣り報告

 ブログ参照↓

 りさち:http://smile-risa.blog.so-net.ne.jp/2009-03-01

 とーちゃん:http://blog.livedoor.jp/to_channel/archives/778603.html

④スローツアーシンポジウム「北いわて 凡人サミット」への参加報告。

    ~青年よ、街を捨て、辺境をめざせ!~

Scan1

詳細はこちら↓

 主催者ブログ:http://morikazeblog.blog5.fc2.com/blog-entry-65.html

 岩手日日新聞:http://www.iwanichi.co.jp/ken/item_10820.html

パネラー紹介↓

 バッタリー村:http://www.e-tn.jp/battari/index.html

 山根六郷研究会:http://www2.dango.ne.jp/yamane6/

 タイマグラ「フィールドノート」:http://www.taimagura.com/yama/

半農半X・・新たなビジネスやライフスタイルがますます拡がる予感がしました。

⑤これからの活動について

 今年もアイガモ農法にてお米づくりを行います。4月初旬に種まきから始動します。

そして来月の「喜楽人寄り合い」はお花見を兼ねての開催となりました。

 いずれも後日詳細を当ブログ&Yahooグループにてご案内致しますのでお楽しみに!

以上、ご参加のみなさん、ありがとうございました。

最後に先日強風の中決行された「喜楽人スキー&スノーボード&ソリ大会」の優勝者の模様を紹介し、失礼致します。

ピンボケごめんなさい。

記入者:佐々木

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

【蕎麦】蕎麦打ちをしました

11月9日(日)

レポート:とーちゃん(とおる)

参加者:総勢11名

場所:盛岡市玉山区藪川 岩洞湖活性化センター 

岩洞湖の紅葉を横目に、おいしい蕎麦に胸膨らませ藪川に到着。
Gando

今日の主役・・新鮮な蕎麦粉
Sobako
当地藪川にて、喜楽人が今秋収穫した蕎麦粉です。

農作業時とはうってかわって清楚なエプロン姿!?
「先生よろしくお願いしまーす
B0135493_9195772

粉にお湯を二回に分けて注ぎ・・だんご状にしていきます。

「男の味チーム」と「親子チーム」・・コネコネ
Dango2

収穫作業を思い出しながら・・コネコネ
Dango8

「わげしたずも、ほれ気合入れでぇ、こうだよぉ!」
Dango7

「はやぐしねば、かでぐなるぅ。。」
Dango3

合格 食べる前にもうこの笑顔
Dango6

乾燥して生地が割れないように手早く伸ばします。
Nobasi10

コロコロ。。手早く手早く
Nobasi7

いい感じになってきましたよ。。
Nobasi6

「男の味チ-ム」・・割れないように慎重です
Nobasi9

はやくたべたいよー。。
Pic_0603

生地をたたんで・・くっつかないように蕎麦粉をまぶし・・
Uti1

いよいよ、そば入刀

均一になるように・・ トントン 
Uti8

トン トン いろんな太さでいろんな味ってのも。。 これでいいのだ!

Uti9

トントントントン  ゴール間近!
Uti5

完成   おそばになりました。 いい感じでしょ
Soba1

うれしさのあまり、抱き合う乙女たち
Pic_0625_2

いよいよクライマックス。
注し水を2回行い、芯まで茹で上げます。
Yude1

薬味はワサビ大根のおろし。。
Pic_0608

そばつゆをそそぎ
Mori2

いただきまーす
Itadaki_2

歯ごたえと蕎麦の香りがしっかりとした美味しいおそばを堪能できました。

つなぎを使わず、ここまでおいしく出来たのは先生のご指導と、新鮮な蕎麦粉のおかげでしょうか。。

そしてもう一つ、収穫に携わったことが、さらに美味しさに 拍車をかけたのかもしれませんね

地産地消。

生産者が見える安心感。

食育。

収穫の喜び。

楽しく食べること。

いろんなことが網羅、凝縮していたようで、心もおなかもいっぱいになったのであります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

【イベント】中津川アースデイマーケットに出店しました

11月2日 雨のち晴

参加者 典子、熱海くん、とーちゃんさん、しんくん、りさち

りさちが副委員長として準備してきた中津川アースデイマーケットが3連休の中日に開催されました。天気はあいにくの雨しかも、寒いので、途中心が折れそうでした。。。

そんな中でも、お客さんは足を運んでくださり、たくさんの人と対話をしながら販売しました。

中津川アースデイマーケット直前にテレビで放映されたこともあり、「テレビを見ましたよ」とか「頑張ってくださいね」とか本当に温かい声をかけてもらいました。またもや取材依頼を受け、しばらくはメディアに取り上げてもらいそうです。

寒かったせいか、温かいおしるこやかぼちゃのポタージュはよく売れました。

Cimg0850

毎度のように、手作り感満載です

Cimg0847

寒い中でも、お客さんの足は途切れません。関心のある消費者が岩手にも多くいるんですね~

Cimg0855

途中でポニーのアンディがやってきましたポニーは子どもに大人気!和みますね。

Cimg0864_2

今日はこのメンバーで頑張りました。寒い中、片づけまで本当にお疲れ様でした!

今日は、食や農に関心の高い消費者が集い、直接お話をしながら買っていただく本当にいい機会でした。また、想いを持って生産されている生産者の方たちとつながったのは大きな収穫です。励みの声をいただき、主催者としても開催してよかったな~と思いました。

ちなみに、中津川アースデイマーケットの様子と、喜楽人稲刈り、そして私のインタビューは11月5日(水)夕方のテレビ岩手ニュースプラスワンにて放送される予定です。ご覧あれ

■出品物

みゅうの畑:くるみ、ヤーコン、人参

里幸の畑:お豆(小豆、黒大豆(大粒、小粒)、うずら豆、黄大豆)

熱海君の畑:色とりどり人参

小田さんwith喜楽人:合鴨米(玄米)、南瓜

喜楽人手作り:へっちょこ団子しるこ(小豆は里幸の畑より) 、かぼちゃのポタージュ、ベリーベリーティー(ブルーベリーとラズベリーはみゅうのおば様宅より)

レポート:りさち

| | コメント (0) | トラックバック (0)